筋トレを続けるために必要なたった1つのこと

こんにちは。
細マッチョを目指しているわりひとです。

約1年前、ふと思い立って筋トレを始めました。
最初は続くだろうかと不安に思っていましたが、
気づけば今でも週2回のペースで行っています。

一般的には筋トレは、
始める人は多くてもなかなか続けられないものの代表例ではないでしょうか?

そんな中、僕が1年続けてこられたのは、
人より意志が強いとかモチベーションが高かった、
わけではありません。

あるたった1つの決断がその理由です。

それは、ジムに通うこと。

筋トレが続かなくて悩んでいる方は、
今すぐジムに通うべきです。

その理由を、これから説明します。

筋トレが続かない理由

なぜ筋トレは続かないのでしょうか?

筋トレに限らず、物事が続かない理由は、
以下の3つのいずれかです。

  • コストが大きい
  • モチベーションが低い
  • 意志力が残り少ない

(詳しくは、下の記事を参照してください)

継続は行動の積み重ね!行動するために知るべき3つの要因とは?
こんにちは。わりひとです。継続。重要ですよね。でも重要だと分かっていても、継続するのは難しい。。。毎日ジョギングするぞ!と決意しても、3日目にはもうできなくな...

ただ筋トレにおいては、
モチベーションと意志力に関しては、実はさほど問題ではありません。

筋トレのモチベーションは分かりやすいでしょう。
モテたい、やせたい、自信をつけたい、体力をつけたい等々。
大抵の場合明確で、あまり悩む必要はありません。

それでも不安な方は、
Testosterone氏の著書 「筋トレが最強のソリューションである」を読んでください。

筋トレテンションぶち上がり間違いなしです。
正直に言いますと、この記事はすべて上の書籍の影響を大きく受けております。
( この本を読むなら、以降の内容いらないかも。。。(汗) )

意志力はちょっとなじみがない言葉ですが、精神エネルギーみたいなものです。
精神的に疲れていると、筋トレやろうかなー → やっぱ今日はやめておこう。。。
ってなるやつです。
これは運動(≒筋トレ)によって回復したり、鍛えられたりします。
(科学的にも証明されています)

これもとりあえず悩む必要はありません。

問題はコストです。
もしあなたが筋トレを継続できていないと悩むなら、
行うべきはコストの低減です。

筋トレとコスト

この場合のコストというのは、金銭的なものではありません。

筋トレをする現れる心理的なハードル、
これを乗り越えるためのコスト
を指しています。

たとえば、

  • 運動するのがつらい
  • 他にやりたいことがあってどちらをやろうか悩む
  • 何をどの位やればいいのか悩む
  • やることを決めても本当にそれでいいのか悩む

などです。

最初モチベーションが高いうちは、
こういったハードルを越えることができるでしょう。

しかし毎回このハードルがあるとしたらどうでしょう?

モチベーションも少しずつ落ちてきています。

上のようなことを日々ちょっとずつ悩んでいるうちに、
だんだん面倒になってきて、やめてしまう。。。

これこそ筋トレが続かない理由です。

断言しましょう。
ジムに行けばこのほとんどが解決します!

ジムに通うことで、”コスト”を減らすことができる

ジムに行くことで、
筋トレを行う際の心理的なコストを大きく減らすことができます。

その際、以下の3点が重要です。

  • とにかく、ジムで筋トレをする
  • 時間を決める
  • メニューは詳しい人に作成してもらう

これらを守っていれば、
筋トレを継続することなんて簡単です。
その理由をこれから説明していきます。

ジムに行けば、筋トレをするしかない

当たり前の事ですが、
ジムに行けば筋トレをする以外に選択肢はありません。

一方家で筋トレをする場合はそうはいきません。

Youtubeを見る、SNSを見る、テレビを見る、
本を読む、家事をする、家族とコミュニケーションをとる、
など、やることはいくらでもあります。

家で筋トレをするなら、
数多くある他の(かつ魅力的な)選択肢の中から、
あえて筋トレを選ぶという決断をしなくてはなりません。

意識しないと気づきませんが、
このハードルを超えるためのコストを毎回支払うのは大変です。

ジムに行けば、このコストを払う必要はありません。
他に選択肢はないのですから。

時間を決めれば、いつジムに行くか悩まない

時間を決めてジムに行く、
ということもとても重要です。

例えば、

  • これからジムに行こうかな?でも昨日Netflixで見たあのドラマの続きが気になる。。。
  • 今日は仕事帰りにジムに行こう!そんな時に限って同僚から飲みの誘いが。。。

といったことはよくあります。
そこでまたどちらにしようか決断しなくてはならない。
つまりコストを払わなければならないわけです。

あらかじめジムに行く時間が決まっていれば関係ありません。

  • 今日は○時からジムだから、昨日見たあのドラマの続きは早めに見てしまおう。
  • 毎週○曜日はジムに行くと周りの人も知っているので、そもそも飲みに誘われない。

となるわけです。

実際僕も週2回 18:00からジムに行っていますが、
休日であれば、ジムに行くことを前提に予定を立てますし、
平日仕事後であれば、同僚も「今日はジムだね!」と理解してくれます。

時間を決めて通いましょう。そうすれば悩むことはありません。

近場のジムを選ぶ

時間の点で1つだけ注意してほしいことがあります。。
それはなるべく近場のジムに行く、
ということです。

時間を決めて通う場合、
移動距離を含めて時間を確保する必要があります。

仮にジムに行くのに30分かかるとすると、
筋トレを行う時間+往復で1時間 必要になります。

これを定期的に確保するのは
かなり大きなコストです。

基本的に移動時間は何も生みません。
無駄なコストの代表例です。

なるべくジムは近場を選びましょう。
家から近い、もしくはいつも行く場所(職場やスーパーなど)からついでに行きやすい、
ことが望ましいでしょう。

メニューを作ってもらえば、どんな筋トレを行うか迷わない

筋トレのメニューは自分で作るのではなく、
詳しい人=ジムのトレーナーに作ってもらいましょう。

あなたの目的は筋トレを行うことです。
決して、筋トレメニューを考える事ではありません。

各個人にとって、どんな筋トレが効果的なのか?を考えることは、
それなりに高度な知識を要求されます。
筋トレ初心者が考えるのは、案外大変でしょう。

これは筋トレを続けることだけを考えれば、必要のないコストです。

もちろんインターネットや書籍等には、
ある程度パッケージ化されたメニューが落ちています。

しかしそれが本当に自分にとって適切なものか、
あなたは自信が持てるでしょうか?
自分用に手直しするなら、やはりそこでコストが発生します。

たいていのジムにはメニュー作成のサービスがあるはずです。
これを利用して、直ぐに&迷わず筋トレを行うべきです。

もちろん、ある程度筋トレの継続に成功し、
純粋に筋トレそのものに興味がわいてくれば、
メニューを考えるのもよいと思います。

しかしその場合も、相談する相手がいた方がより効果的でしょう。

フォームも見てもらう

メニューを作ってもらうことは別の利点も生み出します。

それは筋トレのフォームに関してアドバイスをもらいやすくなる、
ということです。

筋トレは正しいフォームで行うことも、とても重要です。

特に最初は、本当にこのやり方でいいのか不安になります。
不安も心理的なコストです。筋トレへの集中を阻害します。

メニューを作ってくれた人であれば、相談しやすいでしょう。
最初にフォームをチェックしてもらいましょう。

アドバイスをもらうことで、筋トレの不安は軽減します。

また大抵の場合、ある程度継続しているうちにフォームは乱れます。

例えば僕の場合、そろそろもう少し負荷を上げてもいいかな?
と思う時にフォームをチェックしてもらうと、
だいたいフォームが乱れています。

適切ではないやり方では、筋トレも成果が出ません。
定期的にフォームをチェックしてもらうことで、安心して筋トレを継続できます。

金銭的なコストがあるのでは?

ここまでの内容で、1つ疑問に思うことがある方もいらっしゃるでしょう。

ジムに行くことで、心理的なコストは下がるかもしれないけど、
その分金銭的なコストが発生するじゃないか!と。

はい。おっしゃる通り金銭的なコストは発生します。

しかし、実際筋トレをする!という決断には、
金銭的コストは影響を及ぼしません。

なぜなら、ジムにお金を払ったのは、過去の出来事だからです。

コストを分割するという考え方

想像していただければ分かります。

既にあなたがジムに入会し、
お金を払っていたとしましょう。

それから数日後、ジムに行って筋トレをしよう!と決断する場合、
お金を払ったという過去の出来事が、何かしらのハードルになるでしょうか?

いいえ、なりませんね。
むしろお金を払ったんだから、筋トレしないと!
とモチベーションのアップになるくらいです。

ジムに行くそのタイミングでは、金銭的なコストが発生したのは過去の事。
その瞬間、筋トレをするかどうかには全く影響がありません。

これは言ってしまえば、
コストを分割したということになります。

あらかじめジムに金銭的なコストを払っておくことで、
本来発生するはずだった、筋トレを行う際のコストを軽減しているわけです。

この、”コストを分割する”という考え方は、
筋トレに限らず、何を継続する際にも重要です。
ぜひ活用してみてください。

おわりに

ここまでの話をまとめます。

  • 筋トレが続かないのは、心理的なコストが高いから。
  • ジムに行くことで心理的なコストを下げることができる。
    • ジムの中では、筋トレ以外の選択肢がないので迷わない
    • 時間を決めていくことで、いつ行くか悩まない
    • メニューを決めてもらえば、何をすればいいか悩まない
  • 代わりに金銭的なコストはかかるが、
    それは過去のことなので、”ジムに行く”行動に直接は影響しない

時間を決めてジムに行き、作ってもらったメニューをこなせば、
筋トレを続けることは決して難しくありません。
そして筋トレは、正しいやり方で継続できれば、間違いなく成果があります。
あなたの筋トレをする目的がなんであれ、それを果たすことは遠い話ではないでしょう。

しかしここで1つだけ、上では触れなかった重要な事があります。
それはジムに行くために金銭的なコストを払えるか、です。

これはもう、完全にモチベーションの問題です。あなた次第です。
真正面から取り組まなくてはなりません。

改めて、自分がなぜ筋トレをしたいのか、
その気持ちはどれだけ強いのか、考えてみてください。

その結果、あなたにとってお金を払う価値があると感じたのなら、
迷わず!今すぐ!ジムに行きましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする