世界一のプロゲーマーウメハラに学ぶ、結果を出し続けるための考え方


こんにちは。
俺より強い奴に会いに行きたいわけでもない、
わりひとです。

結果を出すために継続する。
違和感がある言葉でしょうか?ないですよね?

僕も同じです。
継続は結果を出すために行うものと、
つい先日までは思っていました。

しかしそれでは結果を出すことはできても、
結果を出し続ける事はできないようです

勝つことに執着している人間は、勝ち続けることができない

世界一のプロゲーマー ウメハラは、
著書 勝ち続ける意志力 でこのように語っています。

ふと目についた&評判が良かったので読んでみたのですが、
この本とてもためになる&面白い本です。
僕は継続に対する考え方を、根本から変えさせられてしまいました!

以下僕がウメハラから学んだ、
結果を出し続けるための考え方を紹介します。

結果にこだわることの欠点

一番の問題は、結果は自分でコントロールすることができないという点です。

どれだけ頑張ったとしても、結果が伴わないことはよくあります。
勝負事であれば、結果は相手の強さに大きく左右されます。
ただ運が悪かっただけで、結果が出ないこともよくあります。

結果そのものに価値を置くと、
自分でコントロールできない外部の要因に、精神の安定を譲り渡してしまうことになります。

結局、大会の結果を重視する人は、人の評価でモチベーションが変わる人と言える。

そういう人は、大きな大会がなくなったらどうするのか。勝っても評価されなかったらどうするのか。
何より結果は運に左右されやすいので、負け続けたらどうするのか。大会の結果なんかに価値を置いていたら、成長どころか精神の安定も難しい。

結果が出ないのが1回や2回であれば、
その時期を耐えて乗り切ることはできるかもしれません。

しかし長期にわたって結果が出ないということもあり得ます。
年単位で結果が出なかった場合、
いつか報われると信じて続ける事は簡単ではありません。

結果にのみ価値を置いていると、
いつか心が折れてしまい、継続できなくなってしまうでしょう。
結果を出し続ける事もできなくなります。

日々の成長の中に価値を見出す

じゃあどうすればいいの?というのが重要なところですね。

結論から言いますと、
継続の中で生まれる日々の成長にこそ、価値を見出すべきです。

自分だけのもので、永遠に自分を勝ち続けさせてくれるものとは何か? それは、新しい戦術(特許)を生み出す努力であり、発見に必要なノウハウだ。

勝つことより成長し続けることを目的と考えるようになった。ゲームを通して自分が成長し、ひいては人生を充実させる。いまは、そのために頑張っているんだ、と。

大会に勝って大喜びしたり、負けて落ち込んだりするのは右肩上がりの成長の邪魔だと考えている。もちろん、負けるより勝つ方がいい。ただし、個々の試合の勝ちには大きな喜びを見出さない。喜びは日々の練習にこそ感じたい。

結果を出し続けるために重要なのは、
結果そのものよりも、結果を生み出す力です。

結果そのものは次の結果を保証しません。
自分のもつ何かしらの力が、次の結果を出す原動力になります。

その力は何もせずに生み出されることはありません。
日々の継続の中で、自分自身が成長することで生み出されるものです。

つまり結果を出す根本的な要因は自身の成長です。
だからこそ成長に価値を見出すべきです。

成長といってもそれほど大きなものを求める必要はありません。
ほんの少しで構わないとウメハラは言います。

これまで100円を払って買っていたものを98円で買える場所を見つけた。
そんな小さな発見で十分だ。

少しの成長に価値を感じることができれば、
また次の日も少しの成長を得るために頑張ることができます。

直ぐに結果は出ないかもしれませんが、
成長を積み重ねていけばいつか結果は出るでしょう。

仮に結果が出ない時期が長く続いても、
成長することに価値を感じていれば、次もまた継続することができます。

小さな成長を積み重ねるループを作ると同時に、成長そのものに喜びを感じること。
これこそが結果を出し続けるための方法であると、
ウメハラは教えてくれています。

結果を出し続けるためには

結果そのものではなく日々の成長にこそ価値を感じる、
言うのは簡単ですが、やるのは難しいですね。
そこで実現するための助けとなる4つの考え方を紹介します。

取り組む姿勢を重視する

自分に自信が無かったら、
自分の成長に価値を感じる事なんてできませんよね。

ではどうすれば自信をつける事ができるのでしょうか?
ウメハラは次のように語っています。

僕にとって何が自信につながったかと言えば、それはゲームの上手さや強さではなく、苦手なものを克服しようとしたり、あえて厳しい道を選んだりする自分の取り組み方、高みを目指す姿勢を貫けたという事実があったからだ。 

手を抜かず徹底的に追求することが、自信を持つ何よりの糧となったのだ。

自分が結果を出したいことに対して、
どのように取り組むかを重視するべきです。
自分が納得できるくらい、徹底的にやりましょう。

時間に限りはあるかもしれません。
ウメハラのようにはできないでしょう。(それができれば世界一になれますね)
それでも自分に可能な範囲で、誰にも負けないくらいに取り組みましょう。

おそらくそういった取り組み方を重視する心が、
最終的には自信を作り上げてくれます。

目的と目標は分ける

明確な目標を持つのはいいことです。
適切な目標設定を行うことができれば、モチベーションも向上しますし、
何をするべきかの焦点も絞りやすくなります。

しかし目標はあくまで目標でしかないことは忘れないようにしましょう。
本当に重要なのは目的を達成することです。

持続可能な努力のためには、目標はあくまでも目標で、目的と混同してはいけないということを知る必要がある。

目標に過ぎない大会に固執せず、目的である自身の成長に目を向けている。それが「勝ち続ける」ことにつながってくる。

例えば英語能力を向上させるためにTOEIC 800点を目指したところ、
結果が700点で目標に届かなかったとしましょう。

目標は達成できていません。
しかし元々の目的である、英語能力の向上は達成されているはずです。
目的は果たされているのです。

ここで目標を達成できなかったことにこだわると、
100点も足りなかったと落ち込んでしまいます。
落ち込んだ心を奮い立たせて再度挑戦するのは大変でしょう。

目的に目を向けていれば、自分の能力向上にある程度満足できます。
そして今度こそ、という思いで再度挑戦することができます。
続けていればいずれ目標も達成できるでしょう。

目標と目的は分けて考えましょう。
そして常に目的が果たされているかを考えましょう。

変化し続ける

当たり前の話ですが、変化が無ければ成長はありません。
常に変化し続けましょう。

とはいえ変化は必ずしも良い結果をもたらしません。
新しいことを試してみたが、全く上手くいかず何の成果も得られなかった、
ということは割とよくあります。

だとしても結果を気にせず、まず変化するべきです。

とにかく、大事なのは変わり続けることだ。 良くなるか悪くなるか、そこまでは誰にも分からない。しかし経験から言うと、ただ変え続けるだけで、最終的にいまより必ず高みに登ることができる。

自分を変えるとき、変化するためのコツは、「そうすることで良くなるかどうかまで考えない」ということだ。
もし悪くなったとしたら、それに気づいたときにまた変えればいい。
とにかく、大事なのは変わり続けることだ。

変化することでどれだけみじめな失敗をしても、
そのやり方は良くなかったという結果は得られます。
次にやるときは、逆のやり方を試せばよいと学ぶことはできます。

変化を続ければそのたびにフィードバックを得ることができます。
その度に結果を出すための良い方向性が分かってきます。

速く変化して、速く失敗して、そのフィードバックを元に更に速く変化して。。。
を繰り返すことで、少しずつ成長していく。
そしてある時、超えられなかった壁を超える時が来るはずです。
その時、自分の成長を大きく実感するのかもしれません。

まずは変化しましょう。
そこにとどまり続けても、成長することは絶対にありません。

失敗してもすぐ立ち上がる

「梅原大吾の最大の武器は何か?」 そう聞かれたら、「どれだけ殴られても、諦めずに起き上がって戦うところ」 自信を持ってそう答える。

失敗せずに成長できるなんて虫のいい話はありません。
成長のためには、無数の失敗が必要です。

ということは無数の復活も必要です。
失敗しても気持ちを切り替えて、直ぐ次の行動に移りましょう。

失敗した後もムクッと起き上がり、すたこら行動できるくらいのものでないと、いい努力とは言えないだろう。

その意味でも結果を重視しすぎることはやめましょう。

結果を重視しすぎると失敗のダメージが大きくなります。

ここで絶対に失敗できない。
そんな気持ちで懸命に努力しても、結果がでるとは限りません。
失敗した時には、大きく落ち込んで歩みが止まってしまうかもしれません。

1つ1つの結果に心を大きく揺さぶられるような取り組み方はやめましょう。

ここで失敗できないと過剰に努力をするより、
日々の成長ですでに目的は達成しているのだからいつも通りやろう。
という気持ちでいる方が結果に心が左右されず、
仮に失敗しても次の行動にスムーズに移れるはずです。

案外そういう心持ちでいる方が、変に緊張せず結果自体も出やすいかもしれません。

おわりに

これまでの内容をまとめます。

  • 結果は他人や運などに影響される=自分でコントロールできない。
  • 自分でコントロールできない結果に価値を置くと、結果が出ない時期が続いた場合に継続できなくなってしまう。
  • 結果ではなく日々の成長に価値を見出すことで、結果に左右されず継続することができ、
    最終的には結果を出し続けることができる
  • 日々の成長に価値を見出すためには、以下の考え方を持つ
    • 取り組む姿勢を重視する
    • 目標と目的は分ける
    • 変化し続ける
    • 失敗してもすぐに立ち上がる

結果を出すためには結果を重視してはいけないというのは、
禅問答のようで少し奇妙な感じがします。

ただこれは考え方を少し変えてみればしっくりきます。
結果というものは出そうとするのではなく、
継続しているうちに自然と出てくる副産物のようなもの、

ということなのでしょう。

もちろん短期的には結果にこだわる必要のある場合もあると思います。
しかし長期的に考えれば、
結果そのものよりも、取り組み方やいかに継続するかが重要ということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする